フランチャイズとは

フランチャイズとは事業形態の一つで、本部が開発した商号・商標・商品など営業活動を行う上で必要なノウハウを外部に提供しその後継続して指導や援助を行います。そして、外部はそのブランドを名乗り営業活動を行い、本部はそのロイヤリティー(対価)を継続的に受け取ることで成り立ちます。このように、商号・商標などのノウハウを提供する側をフランチャイザー(本部)といい、提供を受ける側をフランチャイジー(加盟店)といいます。コンビニエンスストアやカフェ、ファーストフード、ラーメンなどの外食産業や、フィットネスクラブ、CDレンタル店などのサービス業にもその事業形態が存在します。ブランド直営店でもフランチャイズ店でも同じブランド名を使用することができ基本的に統一された営業スタイルで行うため、外見上は特に違いはみられません。事業エリア拡大にあたって、ブランドは直営店を増やすよりフランチャイズ店を増やしたほうがリスクは少なく、すでに土地、建物を有する形でフランチャイジーが増えていくため低コストでブランドの浸透、また土地や建物の習得にかかる時間などの削減が出来る利点のほか、フランチャイジーが増えることで、フランチャイザーが受け取るロイヤリティーが増えるため、収入においても利点があります。一方、フランチャイジー側はすでに確立されたビジネスノウハウを使用する事ができ、継続した指導・援助を得ることができるため、イメージや経営方針などを一から作り上げる手間が省けるほか、初期より安定した営業活動を行うことができる利点があります。フランチャイズ加盟は双方に利点があるだけではなく、フランチャイジーは加盟をする際にフランチャイザーの説明を受けた上で契約を結びますが、十分な知識のないまま結んだ結果大きな負債を抱えてしまう、フランチャイズ店によって質にばらつきが出てイメージを悪くしてしまうなどの問題点もあります。

フランチャイズとは

加入にあたり

フランチャイズ・システムは一般的に、フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店・加盟者)がフランチャイズ契約を締結し、この契約に基づいて外見に特に差もなく営業活動を行います。ただフランチャイジーは法律的にはフランチャイザーから独立しており、独占禁止法が適用される関係です。経営にお・・・

経営していく上で

経営していく上でのメリットは、フランチャイズ加盟することで確立したノウハウを得ることができるため開業において比較的小資本で済むほか、その業種に対して未経験でも商売・運営方法を教えてくれるところです。開業前に事前研修をとり、わかるまで指導してくれるフランチャイザーもあります。また知名度のあ・・・

問題点

実際にあったフランチャイズによる問題として、フランチャイズ事業を始める前に、説明を受けにいったところ、その場での契約を求められ熟考する時間が十分にあたえられず半強制的に契約を結ばされたというものから、情報提供として受けた売り上げ予測を元に開業を決めたが、フランチャイザーが提供した事前の予・・・